マイルも積もれば旅行になる Save Miles Make Trip

マイルも積もれば、旅行にタダで行けます

年越しディズニーは体力勝負

2017年の大晦日から元旦にかけて年越しディズニーに行ってました。そもそもディズニー自体が何年ぶりだろう、という感じでしたが家内の強い要望により年越しディズニーのチケットを応募したところ、当たってしまったというのが事の始まりです。

ディズニーの年越しチケットの入手方法はいくつかあるようですが、基本的には抽選で当選しないとチケットを購入することはできないようです。仮に抽選に外れてしまった場合には、JTB等の旅行代理店が販売している宿泊パックを購入することでニューイヤーチケットを手に入れることが可能です。ただ、ちょっとその場合は割高な宿泊パックを購入することとなるので、金銭的に選びたくはないですが。

舞浜駅は人人人

さて、大晦日の午後7時に舞浜駅に到着すると、そこは人の嵐。抽選とは何だったのかと感じるほど人で溢れています。

f:id:bangkok-kitchen267:20180103104621j:plain

噂では7時30分前後から入場が開始されるとのことでしたが、並んだのが遅かったせいもあったため、結局8時過ぎに入場できました。手荷物検査もあることや午後3時あたりから並んでいる人がいるためでしょう。運営側も大変です。

f:id:bangkok-kitchen267:20180103105838j:plain

ミラコスタ前も人人人。というか、パーク内への入場者数はある程度制限されているのでしょうが、ほぼ皆が乗り物に乗らずに中央の広場へ集まってくるためでしょう。カウントダウン前の水上ショーを眺め、そのままカウントダウンまで待ちます。その時間約2時間。

周りのディズニー無双もカウントダウンの花火を見れる良い場所に陣取って、おそろしく凍える寒い中を皆黙々と待ちます。決して短い時間ではないのですが、皆レジャーシートや地面の冷たさを遮る銀シートなど、いろいろな準備を用意して臨んでおり、正直驚きました。

f:id:bangkok-kitchen267:20180103110436j:plain

カウントダウン5分前から蛍の光が流れ、ペンライトを片手に合唱となります。蛍の光は名曲ですが、原曲はスコットランドだよなぁ、と全く関係ないことを思いつつ、ミッキーの声でカウントダウン。ゼロのタイミングで花火が打ちあがりました。最後の方は花火自身の煙でそもそも花火が見えなくなっていた点は残念過ぎて、皆ポカン状態でしたが笑。

ただ、2018年をディズニーシーで迎えられたことはすごく貴重な経験ですし、いい思い出になりました。

年が明けた後、地獄が始まった

正直ここからは相当な地獄の始まりでしたね。カウントダウンが終わると、皆一斉に広場から離れて、アトラクションへ向かいます。ファストパスを事前に回収している賢い人は、快適にアトラクションを回れることができますが、カウントダウン最優先で場所を確保していた我々はノンファストパス組。

タワーオブテラーの120分待ち(もちろんほとんどの時間を屋外で待機します)は、身体が芯から冷えてしまい相当身体に堪えました。。。

ファストパス組が優先されるため、一般レーンが全然進まない

120分の行列を並んでわかったのですが、ディズニーの一般レーンはほとんど進みません。これはファストパス組が優先的に案内されるため、一般レーンのスピードが半減以下となるためです。

これは、以前からあるルールなので、全く不思議な話ではなく、ファストパスを利用しない人やそういった仕組みを上手く把握していないビギナー組が相当な割を食う状況となっています。受け入れないといけない現実なのですが、より快適にディズニーを楽しむのであれば、ファストパスを活用しないと相当不自由になりますし、ストレスを貯めながら待つこととなります。

初日の出はディズニーシーで

f:id:bangkok-kitchen267:20180103112131j:plain

途中、開放されているレストランで仮眠を多少乗りつつ、待ち時間の少ないアトラクションを巡りつつ時間を潰しました。ただ、時間は過ぎるのは早いもので、すぐに閉演時間である7時に。

7時前にはディズニーシーから初日の出がお出迎え。この瞬間を見ようと沢山の人が初日の出前に集まっています。いや、本当皆エネルギッシュですごいですね。我々もちょうどギリギリまで待ってしまったこともあり、お土産も買えずに帰ることとなってしまいましたが。

まとめ

なんだかんだ寒くて大変だったなぁ、と思いつつ年に1度の貴重な体験ができたのも事実。皆におすすめできるかは難しいところですが、ディズニー好きな友人や家族がいるのであれば、一度行って体験してみた方がいいかと思います。

IHGホテルグループの宿泊ポイント数が更新!世界的にほとんど値上げ!

ちょっとショックなことが出てきました。まだ年初だと言うのに。IHGホテルは私の好きなホテルグループで海外旅行のときだけでなく、国内でも頻繁に宿泊していたのですが、2018年からまた必要ポイント数がアップしたようです。一部のホテルについては必要ポイント数をダウンしているのですが、8割近くはアップする傾向となりました。

https://www.ihg.com/rewardsclub/content/us/en/reward-nights/hotel-list

日本に限って言えば、

  • Holiday Inn Osaka Namba 30,000→40,000
  • Holiday Inn - ANA Sendai 10,000→15,000
  • InterContinental - ANA The Strings Tokyo 50,000→55,000
  • Crowne Plaza - ANA Hotel Grand Court Nagoya 20,000→25,000
  • InterContinental Osaka  50,000→60,000
  • Crowne Plaza - ANA Osaka 25,000→30,000
  • InterContinental - ANA Manza Beach Resort 60,000→70,000
  • InterContinental - ANA Ishigaki Resort 50,000→60,000

となっており、インターコンチネンタル大阪とストリングス東京のアップは手痛いですね。沖縄のインターコンチネンタルに至っては70,000ポイントともう限界突破しています。

ちなみに1ポイント0.6円程度の市場価値があるため、70,000ポイントというと42,000円程度の実質価値。いやはやポイント宿泊もオススメできる状況は今後少なくなるかもしれませんね。

世界的な物価上昇の傾向に日本も追随できればいいのですが、日本は世界で落ちこぼれ国なので、日本円を稼ぐ立場の我々はどんどん苦しくなるばかり。うーん。

ちなみに、世界に目を向けると、

  • 2つあるインターコンチネンタル香港がそれぞれ70,000ポイント、60,000ポイントにアップ。
  • インターコンチネンタルバンコクが40,000ポイントにアップ。

などアジア主要国でも手痛い改悪となりました。

箱根で泊まったホテルは天成園

箱根旅行で宿泊したホテルは天成園というホテル。ホテルは500室規模もあるらしく、かなり大きい部類でしょうか。海外からの滞在客も多いですが、日本人の大好きな露店風呂付大浴場もあり、日帰り温泉としても利用できます。

f:id:bangkok-kitchen267:20180101215122j:plain

伝統的な老舗旅館といった雰囲気もありますが、中は完全リノベーション済の旅館です。ドアマンの案内など、ソフトサービスについても細かい気配りが見えていいホテルです。

f:id:bangkok-kitchen267:20180101222505j:plain

部屋は和洋室となっており、4人で泊まりましたが非常に快適に宿泊することができました。館内は浴衣で移動できるということもあり、館内でのんびり滞在するのもきっといいでしょう。アメニティ類も歯ブラシやタオル類はもちろん、スキンミルクなどもあるため、かなり充実している部類ではないでしょうか。

f:id:bangkok-kitchen267:20180101222823j:plain

今回の宿泊プランには、朝食、夕食がともについており、夕食はバイキング形式となっていました。バイキング形式ということですが、かなりの品数もあり、ライブキッチンも複数セットされているなど、高級ホテルに決して負けない素晴らしいクオリティかと思います。また、座席もテーブル席が中心ですが、個室席もかなり多くあり、家族で過ごすには非常に心地よいのではないでしょうか。

朝食についても同様で、かなりの品数があります。そのため、チェックアウトの時間ぎりぎりまでゆっくりしてしまい、当初の予定よりも1時間以上オーバーして、動くことになってしまいました笑

ピークシーズンであったため、かなり宿泊代金は比較的高めだったのですが、それでも1泊80,000円ほど(4人で宿泊したため、1人20,000円。夕朝食込み)。

もし箱根に滞在する予定がありましたら、参考にしてみるとよいかもしれません。

年末は箱根でのんびり

年末は箱根に行ってきました。箱根は小田原経由で東京駅から向かいます。踊り子号で約1時間で小田原に到着し、そこから箱根登山鉄道で箱根湯元駅まで向かいます。

宿泊先はこちら天成園に宿泊しました。露天風呂もある大浴場で部屋も和洋室と使い勝手は非常に良かったです。また泊まりたいですね。

f:id:bangkok-kitchen267:20180101215122j:plain

1泊目は出発がお昼頃であったため、到着して箱根湯元で遅めの夕飯を食べると、15時過ぎの時間帯となっていました。ホテル到着後は、強羅付近までぶらり行きましたが、ちょっと時間切れで戻る事態に。箱根観光は2日目をメインに進めます。

さて、2日目は朝から全力で動くプランです。まずは、箱根登山鉄道に乗って強羅駅へ。そこからロープウェイに乗り、大涌谷へ。

f:id:bangkok-kitchen267:20180101215522j:plain

年末だから観光客は相当多かったですね。海外からのお客さんも沢山きていて、驚きました。皆一様に大涌谷黒玉子を食べていましたが、これ至って普通のゆで卵のような気がするのですが、どうなんでしょうか。

その後は、芦ノ湖を海賊船で渡ります。ここも外国人が多くて王道の観光ルートとなっている模様。意外です。

f:id:bangkok-kitchen267:20180101221442j:plain

このまま箱根元町まで進みます。箱根元町の箱根神社に寄ることに。

f:id:bangkok-kitchen267:20180101221627j:plain

この後は、箱根元町から出発しているバスで箱根湯元まで戻り、お土産を購入します。お土産購入後は駅前店の箱根プリンをいただきつつ、小田原駅へ戻ることに。たった1泊2日ですが、ホテルの滞在含めて非常に充実した年末休暇を過ごせた気がします。

JCBとソラチカルート

陸マイラー界隈の大御所さんに大きめのクレーム的なものが入ったようですね。いろんな方がつぶやいています。ただ、個人的にはなるべくしてなる結末だと思いますね。

結局現段階ではオススメできるクレカはこれだけですね。変にリボ設定だとかいじらなくていいですし。

ただ、改悪がいつ起きてもいいように備えておくことが大事ですね。

 

全国タクシーを使ってみた

この前初めて全国タクシー使ってみました。

都内なら、かなり便利ですね。値段設定同じだし。

 

京都の観光ルート 半日掛けてのタクシーツアーはどうでしょう?

京都は日本人なら一度は観光に訪れたことがあるかと思います。学生のときの修学旅行やちょっとした休日に訪れた京都旅行など機会は多いかと。ただ、近年の京都は非常に混雑が悩ましいもの。私は先日秋の京都観光に行ってきたのですが、貸切タクシーを活用して効率的に周ることができました。今回はそんな京都半日観光ルートを紹介したいと思います。

続きを読む